HOME > 事業紹介 > マベパール

社長メッセージ

マベパール

2010年2月に鹿児島県で行われたデザイン博覧会への出展の際に出会った『奄美サウスシー』とのコラボレーション企画としてマベ貝の貝殻加工真珠加工のアクセサリー販売を行っております。

 

マベ貝は白蝶貝に劣らない美しい貝ですが、その貝の希少性によってあまり知られていません。抜群の色艶とキメの細やかさ、それに「ペンギン鳥の翼/ Pteria penguin ( プテリアペンギン )」と称される形の美しさは、「幻のパール」と称されたマベパールを産み出す貝ならではのものです。

 

当社で取り扱っております【プテリアペンギンアクセサリー】は、貴重な奄美大島産の天然マベ貝を丁寧に手作業で彫り出した逸品です。

 

また真珠も大変珍しいもので大きな特長は、真珠が半円であることです。マベは激しい潮流の中で生息しているため、その体は非常に強い筋肉質にできています。そのため、核を包み込む組織のゆとりがなく、核を入れても体外にすぐに吐き出してしまいますので、核を貝殻の内側に接着させ体外に吐き出されないようにして養殖します。したがって、真珠はその接着面によって半円になります。


マベパールのサイズは10mm〜30mm位で、形は円形を中心に、ドロップ形、ハート形など、様々な形の真珠をつくることができます。

 

しかし、何と言ってもマベパールの最大の魅力は、その輝きの美しさです。淡いピンクから濃厚なバラ色、ピンクを基調とした虹色、果てはメタリックゴールドまで、艶やかなナチュラルカラーのバリエーションを楽しむことができます。特に奄美大島のマベパールは、その北限地ということもあり、色艶の美しさと真珠層のキメの細やかさは、まさに最高品質と呼ぶにふさわしいものです。

 

ページトップへ戻る